スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
オーストラリアへの入国ビザ
日本人である私達は簡単にオーストラリアへ入国できるETASビザをオンラインでも取得することが出来ます。

でも、それは日本人だからこそ受けている恩恵であって、他の国の人はそうでもないんですよ。
今までもビザの件でご質問があったので、今回お姉さまの挙式に来られるパキスタン人のご主人をお持ちの方が踏まれたその手順を伺ってみました。

以下、ご参考になさってみてください。
 
                    
ビザですが、我が家は国別に分かれたフォーマットで48Rというものを提出しました。
その他に提出したものは、

○会社の登記簿謄本(会社員の場合は在職証明書・月収及び役職の記録があるもの)
○6ヶ月分の通帳のコピー・銀行の残高証明
○納税証明書
○オーストラリアでの日程表
○日本に戻ってからのスケジュール
○飛行機等の予約をしていれば、予約票
○結婚式の渡航の為、寺田さんから頂いた予約票
○戸籍謄本(私と姉のもの)
○外国人登録のコピー

大使館曰く、「ビザ取得の為に効果があると思われるものを自分で考えて提出しなさい」との事でした。

申請書には旅行保険に入る事という表記があったので、旅行保険に入って、その手帳を持っていきましたが、強制ではなく、任意なので、審査には必要ないと返されました。
また、申請に行った時に、国別に必要なフォーマットを再度貰ったので、それも書いて次の日に持って行きました。

順調に審査が進んで、ハイシーズンで約4週間・ローシーズンで約3週間と言われましたが、我が家は1週間早く取れました。
パキスタン人は、どこに行くにもビザが必要で、中々取れないと言われていたので、順調に取れて驚きました。
周りの人は、追加書類を求められたり、インタビューをして結局取れなかった、という話を沢山聞いていたので…。
ちなみに、私が申請に行った日、前に並んでいたジャマイカ人の男の人はワタベウエディングの申込書を持っていました!結婚式で行く人が多いんだな~、とつくづく感じました。

皆さん結婚式の予約もされて、準備も進んでいて、ビザが取れなかったら困りますよね。
国や、個々によって必要なものは変わってくるかと思いますが、少しでもお役に立てれば幸いです。

                    

いや~国によって色々違いますよね!
無事に取れて何よりでした。
お会いできるのが楽しみです。
この妹さんとは同じ作家の方が好き、と言う共通点で盛り上がったのですが、実はパキスタン人のご主人さんがその私達の好きな作家の方(しかも日本人)に会われたことがあると、今回判明し、びっくりでした!!(笑)
人生っておもしろい~☆☆
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア挙式 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/04/08 21:38 】 | 挙式準備 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。